--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インド自由ネコ紀行 その3

2010年10月17日 20:37

コーチンの名所に、「チャイニーズ・フィッシングネット」というのがあります。





コレ↑です。

この網を海のなかに沈めて、時間がきたら引き上げて魚をとる漁法で、そのむかし中国人がこの地に伝えたことから、こういう名前がついたそうです。

現在は、観光むけ風物としての存在意義のほうが大きいようで、どれだけ実用されているかは謎ですが。

ただ、コーチンが漁港であることは、いまも変りないようです。

その証拠に、あたりには、


P1120513.jpg


こんな感じの魚屋さんが、たくさん軒を連ねています。

いろんな魚が売られてます。

アジのようなしかしちょっと違うかんじの魚、ボラ、マナガツオ、「スナッパー」と呼ばれるフエダイ、カニ、イカ、あと小さなサメまで。

そして、その魚たちをねらう、


P1120507.jpg


ニャンコも、


P1120500.jpg


わらわらと。


P1120489.jpg


自転車で魚を仕入れにきた人々にまぎれて、集まってきます。

そして、

ラッキーなニャンコは、


P1120498.jpg


やったー!

一匹もらったニャー!


P1120492.jpg


むしゃむしゃ。


P1110813.jpg


その夜は、


P1120453.jpg


寅二郎も、コーチンの港にあがった魚を食べました。

「ヨーグルト・フィッシュ」

という料理です。

ヨーグルトをベースに、山椒っぽい香りのする南インド特産の「カレーリーフ」というハーブや、その他のスパイスで白身魚を煮込んだ、いわば「ホワイト・カレー」。

美味しかったニャー。

つ・づ・く。


写真と文/寅二郎

にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
にほんブログ村


コメント

  1. よっしー | URL | JalddpaA

    美味しそうだニャー*
    このネコさん達は やっぱ自由ネコさんですか? たまには鈴付きのネコさんにも会えますの?

  2. m* | URL | bPnx6EUE

    お国が違えば、人もにゃんこも、ずいぶん様子が違いますね。
    ワタシたちの住んでる辺りにはない
    何とも大らかな空気が流れているように感じます。

    どちらがより「らしい」のかな‥
    そんな事をふと考えてしまいますねぇ。
    続きも楽しみ^^

  3. 寅二郎 | URL | 9BPdTliE

    よっしーさん♪

    みんな自由ネコだと思います。
    鈴とか首輪のコはいなかったですー。
    純粋自由ネコ。たぶん。
    なのにけっこうみんな毛並みがキレイなので、
    暮らしやすいんだとおもうよー。

    m*さん♪

    インド、ネコ、で検索したら、
    「インド人はネコ嫌い」とか書いてあるとこに
    たどり着いたけど、コーチンにかぎって言えば
    そんなことなかったですよ。
    動物たちは、やっぱヒンドゥー教が大きいみたいで
    みんな大事にされてます。
    とくに牛、猿、象。神様関係ですからねー。
    んで、猫は…どうなんだろう? 謎です。
    そういうヒエラルヒーに入ってないのが、
    猫のいいトコなんです。なんて。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://matatabinora.blog24.fc2.com/tb.php/186-e48fec59
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。