--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横尾さんのツイッター

2010年05月19日 23:58

横尾忠則さんのツイッターが話題になっています。

4万人からフォローされているのに、フォローしているのは0人。

顔のアイコン画像が天地逆。

なんですかこれは。

かっこよすぎるじゃないですか!

そんな横尾さんが、突然、猫に関してつぶやきました。

猫は自己中心的で、自己中心的な存在こそ芸術家、なんだそうです。そして、すばらしい芸術家は猫背^^ ほんとうでしょうか。

そして、犬派のひとには、ちょっと申しわけありませんが、こんなこともつぶやいてらっしゃいます。

寅二郎は芸術家ではありませんが、かなりの猫派です。いまからでも、芸術家を目指したほうがいいのでしょうか?なーんて。

つづいて、こんなつぶやきも。

5月14日という日は、そうか、そんなニュースが流れた日でしたね。

この騒動、当事者のどちらが正しいか賛否両論かまびすしいわけですが、芸術が解るか否かで論じた人は、横尾さんだけなんじゃないでしょうか。

正しいかどうか、ではなく、芸術が解るかどうか。

つい、繰り返してしまいました。

イタリアの話が出てくるので、「自由猫」という概念とも響き合っています。うれしい。

しかし、イタリア人が猫背という話は、はじめて聞きました^^

騒動も落ち着いた別の日、またポツリと。

例の猫の話をむしかえしています。

そして、さらに

出ましたね。

無意識界。

あの横尾忠則さんがおっしゃると、とても説得力があります。

眠っている猫は、とても安らかに見えます。

寝言を言う猫も、たまにいます。

猫のように眠りたい。そんなふうに思ったりすること、ありませんか。

猫と人間の無意識は、通じ合っています(言っちゃった!)。

だからこそ、人と猫は、こんなに仲がよい。

猫たちに言わせれば、最近の人間は、あまりにも意識でものを判断しすぎる。

整合性とか、合理性とか、理屈とか、お金とか、言葉とか、そういったものに、とらわれすぎているんじゃないか、にゃう、そんな感じのものを送ってきます。

そりゃそうです。

自己中心的で、純粋に猫であろうとする猫たちに、整合性や合理性や理屈やお金や言葉など、米粒ほどの価値だってありません。

しかし、注目すべきは、わざわざそんなやっかいな内容を人間に伝えてくる、意外な猫のおせっかいさです。

横尾さんも、おせっかいな猫のメッセージをキャッチしたのかな。

猫という存在について、もうすこし考えてみることにします。



にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
にほんブログ村


コメント

  1. box | URL | vZbA1Su2

    横尾さんといえば,荒川修作さんが逝ってしまわれましたね.
     って,無茶振りが過ぎるでしょうか…,でも合掌.

    オフィシャルサイトには,
    "Make a Reversible Destiny Happen."
    とありました.
    荒川さん,うまく引っ繰り返せた(引っ繰り返れた?)のかなぁ?

    代表作の養老天命反転地,写真や映像でしか見たことがないのですが,
    あこがれの場所です.
    でも,江ノ島もなにか空間がねじ曲がったような不思議さを感じること,
    ありませんか?
    荒川修作プロデュースの江ノ島(養老弁天天命反転島!)を,見たかったかも.
    そしたら猫たちは,恰好の媒介者になっていたのでは?

    できればモドキ3号を聞き手に,霊界の荒川修作ロングインタビュー見てみたい,
     にゃう。

  2. junko | URL | Z3shsFYQ

    猫は最高

    横尾忠則さん、大好きです
    へーーーこんなことも言ってるんですね
    おっしゃる通り!だと思います
    イタリア人に猫背が多いかどうか、、50歳くらい過ぎると多くなるかも
    うちの猫もよく寝ます
    見てて羨ましいくらい気持ちよさそうに
    そして寝言ももちろん言います
    寝ぼけます
    私も人の顔色全く見ないから、その辺でとても気が合います
    猫って最高だよねーーー

  3. との | URL | 9BPdTliE

    横尾忠則
    あの顔でブツブツつぶやいてる様子を思い浮かべると吹き出したくなります。

    台湾行ってきました。
    たっくさん、猫いました。

  4. よっしー | URL | JalddpaA

    すいぶん前に刊行された「横尾忠則の日記」を楽しく読んでるよっしーです*横尾さんのつぶやきさすがー!寅二郎さんの考察にもはげしくうなづいております!そんでさらにboxさんのコメントの「モドキ3号を聞き手に,霊界の荒川修作ロングインタビュー」にも激しくそそられております**

  5. dejavuewords | URL | hdScUxTA

    この猫、階段途中の民家の前にいました。
    毎朝、そこのお宅で食事をもらってるような気がしましたよ・・・
    横尾さんがツィッターですか~
    なんかミスマッチのような気がするけど美空ひばりの大ファンだってこともあるし、それなりにでしょうかね・・・

  6. 寅二郎 | URL | 9BPdTliE

    boxさん♪

    荒川修作さんの訃報に横尾さんも言及されてますね。同い年ですって。実は岐阜にも三鷹にも行ったことないんですけど、「養老弁天天命反転島」は最っ高に魅力的! 島って、それだけで異空間だし。江ノ電に企画書出したら通ってたんじゃないでしょうか^^

    > できればモドキ3号を聞き手に,霊界の荒川修作ロングインタビュー見てみたい,

    にゃにゃー! それイイ! けど、寅二郎は荒川さんにチャネリングするほどの力量ないのでboxさんやってくださいよー。そもそも猫族は天命反転の媒介者だって自覚があるんでしょうかね? そのあたりを、逆に霊界の荒川さんがインタビュアーになって、もどき3号に聞いてほしいんですよ^^ にゃう。


    ジュンコさん♪

    > イタリア人に猫背が多いかどうか、、50歳くらい過ぎると多くなるかも

    わはは、そうですか。イタリアは歳の行った人もお洒落でかっこいいですよね。横尾さんは「人は外見で判断する。内面はすべて、外見にあらわれる」と主張する方なので、きっと、「猫のように芸術的ならば猫背になってもおかしくない」って言いたいのかもしれません^^

    イタリア行きたいです。ローマは自由ネコ、多いですか?


    とのさま♪

    おかえりなさい!台湾いかがでした? 台湾自由ネコに会えましたか? あと猫カフェ行きました?

    台湾映画は最近どうですか? 侯孝賢大好きですけど、もうそういう時代じゃないんですよねー、きっと。


    よっしーさま♪

    『横尾忠則の日記』面白そうですね! 実はあのツイッター、前フリがあって、横尾さんまた本出すそうです。「猫背の視線」ですって^^ 楽しみです! てか、寅二郎は横尾さんおよび出版社の回し者ではありませんよう。boxさんアイデア、寅二郎もソソられまくりです!


    dejavuewordsさん♪

    この猫は、「坊さん」です。人格者、という言葉がありますが、いうなれば猫格者、です^^

    横尾さん美空ひばり好きですよねー、高倉健さんとかも。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://matatabinora.blog24.fc2.com/tb.php/10-39e643fc
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。